結婚指輪と婚約指輪の違いをご存知でしょうか。

結婚指輪とは夫婦が普段からつけるような指輪で、結婚式などの際にみんなの前で付け合う指輪のことです。

それとは別に、婚約指輪とは、結婚したい相手に男性がプロポーズをするときに渡す指輪のことを指します。

この結婚指輪と婚約指輪には大きな違いがいくつかありますが、中でももっとも大きく違うのが値段でしょう。

婚約指輪は男性から女性にプレゼントをし、女性のみがつけるもののため、リングは一つですみます。

ですが、この一つの価格の平均が40万円から50万円ぐらいになります。

そして、上限は無限にあります。

もちろん多くの女性はどっから始まったのか分からないような、言い伝えの給料三か月分などを言い始めたりします。

ですが、今の時代給料三ヶ月分も出すのはえらい大変ですよね。

高いものですと、100万を超える婚約指輪になってしまうでしょう。

このように、高いものだらけなのが婚約指輪です。

逆に、結婚指輪になりますと、二人で10万円ぐらいのものでも十分いけます。

というのも、結婚指輪は日常的につけるためのものでもあるため、ある程度ラフにできるものを推奨するのです。

結婚指輪と婚約指輪の値打ちは全然違いますが、二人の気持ちや思いは常に同じだけこもっているのでしょう。

二人の愛をいつまでも続けさせるためにも、しっかりと指輪を選んで永遠にお互いに使い続けられるようにしましょう。

まずは、相手が結婚指輪と婚約指輪を別々に欲しいか確認してみてはいかがでしょうか。