女性が求める婚約指輪とはどのようなものなのでしょうか。

男性諸君からしたら、婚約指輪はどれもそう変わらないと思うかもしれませんが、実は女性からしたらどれもとても違うものと考えています。

誰もがしっかりと決めておかないとできないようなものです。

そこで、本日は女性のために自分で考慮すべき婚約指輪についてご紹介します。

はじめに、婚約指輪と結婚指輪は全然違います。

間違っても、婚約指輪に結婚指輪を渡さないようにしましょう。

まず、重要なのは基本デザインを知ることです。

基本デザインは3種類あり、ソリティア、メレ、そしてパレがあります。

この中で、もっともスタンダードで、かつダイヤモンドを強調するのがソリティアというデザインです。

指輪の真ん中にダイヤがちょこんと乗っているものです。

よく婚約指輪に見る形ですね。

そして次にメレというデザインですが、ダイヤモンドと一緒に、ダイヤの両脇にメレダイヤというものをくっつけたものになります。

そして最後に、パレですが、指輪のアームと言う部分に細かいダイヤがくっついているものです。

指輪の鉄の部分についています。

このように、様々な指輪があり、くっつけている種類があります。

さらに他にもダイヤの種類も要チェックです。

ダイヤの重さ、形、透明度、そして色といった違いがそれぞれの指輪やダイヤにはあるため、どうしても選ぶのが難しくなってきます。

女性の好みをしっかりと把握し、それを手に入れるのもプロポーズのうちと考えるのがいいでしょう。