髭の脱毛で医師の言うリスク回避とは?効果が薄れる?

髭の脱毛に用いられるレーザーの出力は非常に強力であるため、最初は出力を落として試射するのが一般的。肌質を診て判断する。効果に心配はない。

髭の脱毛で医師の言うリスク回避とは?効果が薄れる?

髭の脱毛に用いられるレーザーの出力は非常に強力であるため、最初は出力を落として試射するのが一般的。

それがリスク回避です。

効果に心配はいりません。

■強力なレーザーは低出力で試射して様子見。

医療機関で取り扱われているレーザー脱毛は、照射のパワーが強力で毛穴の奥深くまでピンポイントで届くのが特徴です。

このメリットによって短時間の施術・短期間での永久脱毛が実現できるわけです。

しかしレーザーが強力である分、肌に与える影響も大きくなります。

医師はカウンセリングの段階で、患者の肌質やコンディションを聞きますが、問題がなくてもリスク回避のために出力を弱めて試射することが良くあります。

■本人への影響を確かめるごく一般的な行為。

リスク回避のためにレーザーの出力を弱めてスタートすることは、ごく一般的な処置法です。

気にすることはありません。

照射によって本人の肌や毛根内部にどんな影響が出るか、効果に対してどの程度のリスクが発生するかを確認しているだけです。

それが実際の脱毛効果にマイナスの影響を与えることはありません。

通院スケジュールもそれを折り込んで作られています。

■脱毛を始めたばかりの数回は、レーザーの出力を落として様子見をするのが一般的。

心配はいりません。

慎重な医師になればなるほど、また肌が敏感だと診断された場合などにも、レーザー出力を低めに設定した試射はよく行なわれます。

髭脱毛は顔の一部であり、隠すことができない場所。

それだけに慎重を期してくれる医師のほうが安心です。

髭脱毛の効果は、2~3週間で実感できるようになる人が多いです。